スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】

    • 2016.02.03 Wednesday
    • 21:17
     元旦に初詣の続きで見に行ってきた、映画「スターウォース/フォースの覚醒」。ツイッターには一言だけ感想をアップしたが、改めて詳しく触れたいと思う。ネタバレ全開で行きたいと思うので、未見の方は注意!

    SWのパンフ

    【以下、ネタバレ注意!】
    続きを読む >>

    007/スペクターを見に行ってきた。

    • 2015.12.18 Friday
    • 01:05
     12月10日に、007シリーズ・第24作「スペクター」を見に行ってきた。細かな感想は後にして、先ず感じたのは「過去作品へのオマージュはあちこちに感じつつも、リアルでハードで見応えのあった、やっぱり面白い007映画だった!」と言う事だ。

     人間的な弱さ(逆に、それが魅力でもあるんだが)を感じさせ、「殺しの許可証」を持ちつつも、決して「沈着冷静な殺人マシン」ではないクレイグ=ボンド。過去の3作が、新人情報部員のボンドが、自分の内面に向かいつつも、MI6の情報部員として任務を遂行する物語であり、今回のその流れを踏襲しつつ、過去の007映画を思わせるシーンもかなりあった。では、ここからは、それらを思いつくままに上げて行こう。
    続きを読む >>

    「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】

    • 2015.11.20 Friday
    • 01:11
     (前回からの続き)さて、京都ヒストリカ国際映画祭も、「必殺仕掛人」第1話に続いて、必殺シリーズ最高傑作と言われている「新・必殺仕置人」の第1話:問答無用…の上映だ!それなのに、ああそれなのに……お客の入りは半分程。しかも、私たちよりも年配の方が多い、これは、やっぱりPR活動の不足だと思う。まあ愚痴っていても仕方がないので(笑)、そろそろ本編に移る事にしよう。
     「問答無用」はシリーズ第1話にふさわしく、キャラクターや設定の説明描写に追われて、次々とストーリーが進行し、見せ場・名台詞が多い半面、まだ「新仕置人でおなじみの場面」が見られないのが、逆に新鮮だった!(尚、新仕置人・第1話は、手持ち映像がないので、記憶に頼っている事をご了解頂きたい)
     この時、私たちが座っていた前列の左の方に、白髪を頭の後ろで束ねた、メガネと髭のおじさんが座られたが、この人が、実は……(以下、次回のレポートで!)

    続きを読む >>

    「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】

    • 2015.11.19 Thursday
    • 00:40
      (前回からの続き)さて、前回のアップから、随分間が開いてしまいましたが(笑)……いよいよ「必殺仕掛人」《第1話》仕掛て仕損じなし…の上映!どちらかと言えば必殺歴が長い(笑)私も、さすがに「仕掛人」をリアルタイムでは見ていない。最初に見たのは再放送かだった?全話視聴したのは、テレビ大阪の時代劇アワーか、LD−BOXだったと思う(もうLDは手元には残っていない)。

     でも、TVの小さな画面で見るのと、劇場のスクリーンの大画面で見るのとでは、雰囲気が全く違う!特に、仕掛人は(後期仕事人と違って)ダレ場やギャグシーンがないので、緊張感を維持したまま飛ばす、飛ばす!最初っから最後まで見せ場の連続だ。同話は大筋は覚えていても。細かい部分はすっかり忘れていたので(笑)、再視聴してみて思い出した事、新たに気づかされた事も多々あった。ストーリーを事細かく追って行っても仕方ないので、ここではそれらを幾つかピックアップして行こう(参考用に、押し入れに仕舞ってあった「仕掛人」第1話のビデオテープを使ってます)。


    続きを読む >>

    「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」《1》

    • 2015.11.13 Friday
    • 01:56
     アップが1週間遅れになってしまいましたが(笑)、11月4日(水)に京都文化博物館で行われた京都ヒストリカ国際映画祭。世界に誇る、日本のTV時代劇の傑作を取り上げて上映するヒストリカフォーカスへ行ってきました。私の目当ては、必殺シリーズ・第1作「必殺仕掛人」(第1話)と、シリーズの最高傑作と言われている「新・必殺仕置人」(第1話)のスクリーン上映……それと、11月29日(日)に放映が決まっている「必殺仕事人2015」の森山プロデューサーと石原興監督、犬童一心監督(「のぼうの城」他)による「必殺トークイベント」だ!

     去年の同映画祭でも、映画「必殺4」が上映されたので、いそいそと見に行ってきたが、何と言っても、今年は内容が遥かにグレードアップしている!公式HPで同イベントを知ってから、チケットの購入が可能な"初日"(笑)に、チケットぴあで「仕掛人」と「新仕置人」の両チケットを購入!今か今かと「その日」を待ち続け、当日朝は気合を入れる為に(笑)、上映される新仕置人にちなんだ、自作の「念仏の鉄骨外しTシャツ」を着込んで出陣!余裕を見て、上映時間の2時間前の―1時頃には、文化博物館に到着した。

    京都文化博物館

     当日は、非常に天気が良くって暑いくらい!会場の中を一回りしてから、遅い目の昼食を近くのなか卯で取り、イベント会場でちょっと一休み。文化博物館では、大勢のおじさんおばさんが歩き回り、エレベーターに列を作って乗って行くので、今回のイベントはそんなに人気があるのかな?−と、ちょっと嬉しくなっていたら、何と同時開催されていた「美術展?」目当ての客だった!……がっくし(笑)。
     気を取り直して、入場時間(上映は午後3時から)の2時半の30分前くらいに、同イベントの受付けへ。京都ヒストリカ映画祭のパンフレットを購入し、並べられたいろんなチラシもゲット。チケットを確認してもらったものの「まだ入れません」と言われたので、入り口近くで時間待ちの休憩。持ってきた同人誌「殺した奴をまた殺す」を読んでいると、ここで面白い出来事に遭遇した。
     
    ヒストリカ映画祭パンフ

    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    にほんブログ村/blogram【ブログランキング参加中】

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    blogram投票ボタン

    ブログ訪問者【本日/累計】

    時の道標

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「スパイダーマン ホーム・カミング」感想
      リッチミー (08/21)
    • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
      都の商売人 (08/20)
    • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
      rogosu (07/20)
    • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
      都の商売人 (02/04)
    • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
      リッチミー (02/04)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
      都の商売人 (11/21)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
      都の商売人 (11/21)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
      リッチミー (11/20)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
      リッチミー (11/19)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」《1》
      リッチミー (11/19)

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM