スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「甲賀忍法帖」へのリスペクトに満ちた作品《1》

    • 2016.01.06 Wednesday
    • 23:11
    バジリスク

    ◎原作:山田風太郎 作画:せがわまさき「バジリスク 〜甲賀忍法帖〜」(2003年初版 講談社)

     「甲賀忍法帖」のコミック版で、後にアニメ化もされた有名作(私はアニメ版は見てません)で、全5巻を購入した。原典に愚直なまでに忠実(特に、後で触れる映画「SINOBI」と比べると、もうえらい違い!(笑))だが、コミック化によって、更にキャラクターの情感が増し、ハードな描写が増え、逆に笑える場面もちょこちょこと見られる。
     小説が「絵」になった事で、より「イメージが捉えやすくなった」と言えるだろう。

    SINOBI

    ◎映画「SINOBI」(2005年9月公開)

     「甲賀忍法帖」の実写映画化作品で、甲賀弦之介がオダギリジョー。朧が、今や大ヒット女優の仲間由紀恵!ただ、原作からの改変点が多く、イマイチ乗り切れなかった……(映画を見たのは劇場公開時なので、些か記憶に頼っている事を了解して下さい)。

     まあ、伊賀・甲賀合わせて20人もの忍者を描くのは大変なので、半分にしたのは分かるのだが、原典では野心がギラギラ輝いていた不死身の忍者・薬師寺天膳が、生きるのにくたびれた「仙人」みたいになっている事や、朧を慕っていた伊賀忍者・筑摩小四郎が「甲賀忍者」に変わっていた事。蓑念鬼が、むさ苦しい野獣男に過ぎなかったり(忍法使ったっけ?)、瀬川番であれほど魅力的だった百面相の達人―如月左衛門が、非常にキモかったり、弦之介の瞳術の師匠である室賀豹馬が、単なる「占い師」になっていたり……それに何よりも、クライマックスで弦之介と朧が"戦って"しまっていた事が頷けない!

     この二人は、お互いを心から愛し合っていた故に、"戦わずに"決着を付けたと言う「結末」が感動的なのであって、映画のラストでの展開は「う〜〜ん、何だかなあ〜〜?」と言う感じだった。忍法者として目立っていた感があるのは、CGでその特殊能力が見事に描かれた夜叉丸くらいだ。

     ただ、死闘の末、生き残った朧の笑顔で〆るラストは、(先程の感想とは相反するようだが)心にほっとした安堵感を覚えた。これはやっぱり、愛し合う二人までもがその命を散らせる壮絶なラストにやりきれない思いを抱いていたからかも知れない……。その意味で、弦之介と朧が生き延び、愛する我が子を産む「桜花忍法帖」の冒頭と、最後に一人生き残った響が愛する八郎を待ち続けるラストは、原典で見られなかった「愛する者同士のささやかな幸せ」を感じさせてくれた点で、映画版のラストに通じるところがあると思う。

    【続く】
     

    「桜花忍法帖 〜バジリスク新章〜」感想

    • 2016.01.06 Wednesday
    • 22:22
     年末に立ち寄った書店で、偶然見つけて購入した新刊本の感想です(講談社タイガ文庫)。

    ◎山田正紀「桜花忍法帖 〜バジリスク新章〜」(上・下)

     SF作家として有名な山田正紀氏の忍法帖モノで、山田風太郎忍法帖シリーズの第一作にして傑作「甲賀忍法帖」(…にして、コミック化作品「バジリスク」)の《続編》!「甲賀忍法帖」は、三代将軍の世継問題に絡んで、伊賀・甲賀精鋭の忍者たち―10人対10人によって繰り広げられる壮絶な死闘の末、愛し合う二人の若き忍者−甲賀弦之介と朧も含めて、20人全員が全滅する悲劇……。ちなみに、表紙のイラスト(上下巻2種)は、「甲賀忍法帖」を三見事に時代劇コミック化した、せがわまさき氏が描いている。

    バジリスク

     「桜花忍法帖」は、ラストで死んだ筈の弦之介と朧が生き延びて生んだ、男女の双子の忍者―甲賀八郎と響が主役の物語だ。サイボーグ009・ヨミ編のラストのように、あれだけ見事な結末を見せた物語なのに、「生きていて」「子供がいた」と言うのは何だかな〜〜?…と言った感じなんだが!(笑)まあ、その"大前提"を受け入れないと先に進まないので、そこはスルーすると言う事で。その点さえクリアしてしまえば、後は目一杯楽しめた!
     
    続きを読む >>

    007/スペクターを見に行ってきた。

    • 2015.12.18 Friday
    • 01:05
     12月10日に、007シリーズ・第24作「スペクター」を見に行ってきた。細かな感想は後にして、先ず感じたのは「過去作品へのオマージュはあちこちに感じつつも、リアルでハードで見応えのあった、やっぱり面白い007映画だった!」と言う事だ。

     人間的な弱さ(逆に、それが魅力でもあるんだが)を感じさせ、「殺しの許可証」を持ちつつも、決して「沈着冷静な殺人マシン」ではないクレイグ=ボンド。過去の3作が、新人情報部員のボンドが、自分の内面に向かいつつも、MI6の情報部員として任務を遂行する物語であり、今回のその流れを踏襲しつつ、過去の007映画を思わせるシーンもかなりあった。では、ここからは、それらを思いつくままに上げて行こう。
    続きを読む >>

    流れ橋と四季彩館

    • 2015.12.17 Thursday
    • 21:04
     先日、仕事休みの日、久々に流れ橋へ行ってきた。自分のブログ記事を調べてみると、前回行ったのは、2014年4月24日。この時は、2013年9月の台風で流されたの橋が復旧したのを知らせる新聞記事を見て、翌日に行ってきた。結局、その後の暴風雨でまた流されてしまったのだが……。

     今回、久々に行くきっかけとなったのが、12月8日の京都新聞・地方版のこの記事。「上津屋地区(八幡市)流れ橋復旧 待ち遠し」

    流れ橋記事

     未だ復旧工事途中の流れ橋だが、八幡市側にある市民交流施設「四季彩館」に、流れ橋のコーナーが出来たと言う内容だ。同館は、2002年に八幡市が第3セクターとして開設。その後、何度か開催された「やわた流れ橋時代劇まつり」(2005年には、私も三味線屋勇次の扮装で参加しました)の開催場所にもなったが、2014年にJAやましろに運営母体が変わったそうである。

    続きを読む >>

    「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】

    • 2015.11.20 Friday
    • 01:11
     (前回からの続き)さて、京都ヒストリカ国際映画祭も、「必殺仕掛人」第1話に続いて、必殺シリーズ最高傑作と言われている「新・必殺仕置人」の第1話:問答無用…の上映だ!それなのに、ああそれなのに……お客の入りは半分程。しかも、私たちよりも年配の方が多い、これは、やっぱりPR活動の不足だと思う。まあ愚痴っていても仕方がないので(笑)、そろそろ本編に移る事にしよう。
     「問答無用」はシリーズ第1話にふさわしく、キャラクターや設定の説明描写に追われて、次々とストーリーが進行し、見せ場・名台詞が多い半面、まだ「新仕置人でおなじみの場面」が見られないのが、逆に新鮮だった!(尚、新仕置人・第1話は、手持ち映像がないので、記憶に頼っている事をご了解頂きたい)
     この時、私たちが座っていた前列の左の方に、白髪を頭の後ろで束ねた、メガネと髭のおじさんが座られたが、この人が、実は……(以下、次回のレポートで!)

    続きを読む >>

    「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】

    • 2015.11.19 Thursday
    • 00:40
      (前回からの続き)さて、前回のアップから、随分間が開いてしまいましたが(笑)……いよいよ「必殺仕掛人」《第1話》仕掛て仕損じなし…の上映!どちらかと言えば必殺歴が長い(笑)私も、さすがに「仕掛人」をリアルタイムでは見ていない。最初に見たのは再放送かだった?全話視聴したのは、テレビ大阪の時代劇アワーか、LD−BOXだったと思う(もうLDは手元には残っていない)。

     でも、TVの小さな画面で見るのと、劇場のスクリーンの大画面で見るのとでは、雰囲気が全く違う!特に、仕掛人は(後期仕事人と違って)ダレ場やギャグシーンがないので、緊張感を維持したまま飛ばす、飛ばす!最初っから最後まで見せ場の連続だ。同話は大筋は覚えていても。細かい部分はすっかり忘れていたので(笑)、再視聴してみて思い出した事、新たに気づかされた事も多々あった。ストーリーを事細かく追って行っても仕方ないので、ここではそれらを幾つかピックアップして行こう(参考用に、押し入れに仕舞ってあった「仕掛人」第1話のビデオテープを使ってます)。


    続きを読む >>

    「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」《1》

    • 2015.11.13 Friday
    • 01:56
     アップが1週間遅れになってしまいましたが(笑)、11月4日(水)に京都文化博物館で行われた京都ヒストリカ国際映画祭。世界に誇る、日本のTV時代劇の傑作を取り上げて上映するヒストリカフォーカスへ行ってきました。私の目当ては、必殺シリーズ・第1作「必殺仕掛人」(第1話)と、シリーズの最高傑作と言われている「新・必殺仕置人」(第1話)のスクリーン上映……それと、11月29日(日)に放映が決まっている「必殺仕事人2015」の森山プロデューサーと石原興監督、犬童一心監督(「のぼうの城」他)による「必殺トークイベント」だ!

     去年の同映画祭でも、映画「必殺4」が上映されたので、いそいそと見に行ってきたが、何と言っても、今年は内容が遥かにグレードアップしている!公式HPで同イベントを知ってから、チケットの購入が可能な"初日"(笑)に、チケットぴあで「仕掛人」と「新仕置人」の両チケットを購入!今か今かと「その日」を待ち続け、当日朝は気合を入れる為に(笑)、上映される新仕置人にちなんだ、自作の「念仏の鉄骨外しTシャツ」を着込んで出陣!余裕を見て、上映時間の2時間前の―1時頃には、文化博物館に到着した。

    京都文化博物館

     当日は、非常に天気が良くって暑いくらい!会場の中を一回りしてから、遅い目の昼食を近くのなか卯で取り、イベント会場でちょっと一休み。文化博物館では、大勢のおじさんおばさんが歩き回り、エレベーターに列を作って乗って行くので、今回のイベントはそんなに人気があるのかな?−と、ちょっと嬉しくなっていたら、何と同時開催されていた「美術展?」目当ての客だった!……がっくし(笑)。
     気を取り直して、入場時間(上映は午後3時から)の2時半の30分前くらいに、同イベントの受付けへ。京都ヒストリカ映画祭のパンフレットを購入し、並べられたいろんなチラシもゲット。チケットを確認してもらったものの「まだ入れません」と言われたので、入り口近くで時間待ちの休憩。持ってきた同人誌「殺した奴をまた殺す」を読んでいると、ここで面白い出来事に遭遇した。
     
    ヒストリカ映画祭パンフ

    続きを読む >>

    トム・クルーズ大活躍の「ミッション・インポッシブル」!

    • 2015.09.25 Friday
    • 00:27
     先日、やっと映画「ミッションインポッシブル ローグ・ネイション」を見てきた。予告編やTVの宣伝スポットでバンバン流されて、おおっ!?−となった「離陸する飛行機のドアにつかまって、そのまま宙吊り状態になるトム・クルーズ!」がアヴァンタイトルで終わってしまったのには驚いたが(笑)、本編に関しては大いに楽しめた!

     注目点は2つあったように思う。

    (1)トムの決死的アクションが凄い「007テイスト」
    (2)往年のTV版「スパイ大作戦」を思わせるシーン
     
    続きを読む >>

    【映画感想】「ターミネーター・ジェネシス」(ネタバレ全開、注意!)

    • 2015.08.05 Wednesday
    • 22:31
      「ターミネーター5」ならぬ「ターミネーター・ジェネシス」を見てきた。

     事前情報を余り見ないようにしていったので、冒頭のシーンから裸のシュワちゃんが(1984年当時の)現代に出現するまでは、てっきり最新のVFXを使って「描き直した」リブート版……例えば「スタートレック」の新版や、「猿の惑星」の新世紀版のように……と思っていて、シュワちゃんが3人のヤンキーに「服を寄こせ」と言う場面で、思わず「やってる、やってる!」とニヤニヤしていたら、「お前に服は必要ない」と二人目のシュワちゃんが出てくる場面を目にして、ビックリ仰天!

    続きを読む >>

    【創作】「必殺仕事人III」妖怪カネゴンになったのは加代

    • 2015.07.30 Thursday
    • 17:11
     今日も、何でも屋の加代は朝から晩まで走り回り、「あ〜〜忙しい!忙しい!」と《お金儲け》に余念がない!たまたま街中で出会った順之助にも、「ねえ、坊やぁ。今度お上が霞ヶ丘に、バカでっかい屋根付きの運動場を造るって聞いたんだけどさあ……。何かお金儲けのネタにでもならないかしら?」と声をかけては、「あのねえ、おばさん!そんなにお金、お金ってばかり言ってると、今人気の妖怪絵師・水森岩燕が描いてるお金の妖怪−金業(かねごう)みたいになっちゃいますよ!」と言い返されてしまう始末だ!

     そんな折、何とかコネを辿って、新・大江戸運動場−「間八堂」の下働きの仕事に潜り込んだ加代は、地鎮祭の前夜に掃除をしているや、式場の片隅の砂の中から「赤色と青色に染まった繭」を見つけたのだ。誰も見ていないかどうか、素早く左右に目を配るや、にんまりと笑って懐に仕舞い込む。

    加代「こりゃ、ちょっとした縁起物だねえ……。これから、どんどん良い事があって、お金が入って来ますように!」

     地鎮祭の祠に向かってパンパンと拍手を打った加代は、そのまま家へ帰った。その夜、キンキラキンのお屋敷で、小判に埋もれる夢を見る加代!だが、その翌朝、順之助が訪れるや……。

    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    にほんブログ村/blogram【ブログランキング参加中】

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    blogram投票ボタン

    ブログ訪問者【本日/累計】

    時の道標

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「スパイダーマン ホーム・カミング」感想
      リッチミー (08/21)
    • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
      都の商売人 (08/20)
    • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
      rogosu (07/20)
    • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
      都の商売人 (02/04)
    • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
      リッチミー (02/04)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
      都の商売人 (11/21)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
      都の商売人 (11/21)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
      リッチミー (11/20)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
      リッチミー (11/19)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」《1》
      リッチミー (11/19)

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM