スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「相棒 〜世にも奇妙な特命係〜」

    • 2016.02.24 Wednesday
    • 22:31
     それは、スコットランド・ヤードの旧知の警部から講演を依頼された杉下右京が、旅客機で帰国するところから始まる……。講演は大盛況に終わり、気分も上々な杉下は、穏やかな天候も相まって、偶然乗り合わせた隣席の乗客との話も弾む程だった。

     だが、好事魔多し……。杉下が乗っている全日空206便が、バミューダトライアングルの上空に差しかかるや、突然の乱気流が襲ったのだ!異様に渦巻く霧の中で、カクテルシェイカーのように揺さぶられた杉下の意識は、何時しか途絶え……目覚めた時は、いつもの特命係のデスクに座っていた。

    世にも奇妙な相棒
     

    「お帰りなさい、杉下さん。英国での講演はどうでした?」
    「君は……?」

     目の前にいる「相棒」の姿を目にしていぶかる杉下……。記憶の断絶と事態の変転、それに現在の自分の状況が理解しがたい事もあるが、それよりも自分の「前」にいるのが、冠城亘(反町隆史)ではなく、甲斐享(成宮寛貴)だった事だ!壁に掛けられた木札も、杉下と甲斐だけの二つだけだ。

    「どうして……君がここにいるんです!?」
    「何言ってるんです、杉下さん!?帰って早々、時差ボケですか?」
    「だって君は、ダークナイト事件で……?」

     そこまで言って、杉下は口を閉じた。"何か"が起こっている……。だが、"何"が起こっているのか、自分でも分からない。そうこうしている内に「ヒマか?」と角田課長が入って来る、特命係のいつもの「日常」が始まった……。

     そして、いつもの如く、甲斐の運転で捜査現場に向かった杉下は、伊丹刑事にイヤな顔をされ……米沢鑑識官から報告を受ける。そんな時、ふと犯行現場に「不思議な人物」−白猫を抱いた黒メガネの人物(タモリ)を見かける杉下。

    「失礼ですが、ここは一般人は立ち入り禁止ですよ?」

     その瞬間、急に気が遠くなり、思わずふらつくや……。

    「大丈夫ですか、右京さん!?」

     ……倒れかけた杉下を、とっさに支えたのは、甲斐ではなく、冠城でもなく、また神戸でもなくって、亀山薫(寺脇康文)だった!その時から、杉下の周囲で"世にも奇妙な出来事"が、次々起こり始める。捜査に赴く度に、亀山薫・神戸尊・甲斐
    ・冠城亘と「変わる」相棒(その度に、壁の木札も変わっている)。いつの間にか、伊丹と芹沢の横に立っている「現職の」三浦刑事。更に、杉下が疲れを癒しに花の里を訪れるや、その度に女将が、宮部たまきから月本幸子へ……幸子からたまきへと「変化」する。
     "相棒"と共に捜査中の事件自体が「変容」し……「証拠」が消え……被害者が「甦り」……犯人が「消える」!その度に杉下の視界に入る「白猫を抱いた、黒メガネの謎の人物」!

    「杉下さん、今日から特命課にお世話になります」

     そして、杉下の前に現れる「新しい」相棒―社美彌子(仲間由紀恵)!疲れ果てて眠りに落ちた杉下の夢の中に、駆け出しの頃に世話になった先輩刑事・早見淳(「マカロニ」と言うあだ名だ)が現れる……。

    『あのなあ、杉下……。お前はずっと前に、風邪で死んでるんだ!いつまでも、俺の夢の中に現れず、いい加減に成仏しろよ!』

     十年以上も前、通り魔に刺殺された早見刑事の「幻」に悩まされる杉下。そして……。

    「杉下君、君は疲れてるんです。この際、長期休暇でも取ったらどうですか?」

     「死んだ」筈の小野田官房長(岸部一徳)に、そう進言される杉下。更に、彼の周囲に現れる名探偵・金田一耕助(石坂浩二)や浅見光彦(榎木孝明)、自称天才マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)、怪盗山猫の相棒・勝村(成宮寛貴)、能天気な刑事・矢部謙三(生瀬勝久)!

     やがて杉下は、意識を失う前に、206便で談笑していた隣席の老紳士(藤岡琢也)を思い出す。

    「杉下さん……と仰ったか。貴方の夢は何ですか?」
    「夢、ですか?そうですねえ……僕の夢は、このままずっと捜査官であり続ける事ですよ。まあ、そんな事は普通あり得ませんが!」

     杉下の言葉に、静かに微笑む老紳士……その正体こそ「夢」を操ると言われている存在―夢邪鬼だったのだ!全てを「知った」杉下が叫ぶ!

    「こんな夢ぶち壊して、僕は現実に戻ります!開けて下さ〜〜い!」

     いつしか、自分を閉じ込めたまま宙を飛ぶ「小田急ロマンスカー」のドアを、ドンドンと叩く杉下!(画面、フェードアウト……)


    「杉下右京は"夢の連鎖"を打ち破り、"現実世界"に戻る事が出来るのでしょうか?それは誰にも分かりません……」

     そう語る老紳士が、駆け寄って来た「シュレジンガーの猫」を抱き上げるや……その姿は「黒メガネの謎の人物」に変わる。微笑んで立ち去る男の後姿に流れる「世にも奇妙な物語」メインテーマ(♪パラパラパ〜〜パラパラパ〜〜。パラパラパツパツ、パラパラパ〜〜)。

    【終】


     このパロディーの元ネタは、「新スタートレック/無限のパラレルワールド」(クリンゴンのバトラフ大会から帰艦する最中の事故で、パラレルワールドを、次々とタイムスリップする羽目に陥るウォーフ〉「世にも奇妙な物語」(ナビゲーターのタモリ)「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」(「夢邪鬼」と、その声を担当した藤岡琢也)「ウルトラQ」(206便消滅す&あけてくれ!)「太陽にほえろ!」(萩原健一のマカロニ刑事)「傷だらけの天使」(風邪で死ぬ水谷豊)です。
     2月24日放映の「相棒」《第17話》物理学者と猫…で使われた「パラレルワールド・テーマ」で書いてみました。……おっと、陣川君を入れ忘れたぞ!(笑)

    スポンサーサイト

    • 2017.08.24 Thursday
    • 22:31
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      にほんブログ村/blogram【ブログランキング参加中】

      ブログランキング・にほんブログ村へ

      blogram投票ボタン

      ブログ訪問者【本日/累計】

      時の道標

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 映画「スパイダーマン ホーム・カミング」感想
        リッチミー (08/21)
      • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
        都の商売人 (08/20)
      • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
        rogosu (07/20)
      • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
        都の商売人 (02/04)
      • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
        リッチミー (02/04)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
        都の商売人 (11/21)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
        都の商売人 (11/21)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
        リッチミー (11/20)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
        リッチミー (11/19)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」《1》
        リッチミー (11/19)

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM