スポンサーサイト

  • 2017.04.05 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    流れ橋と四季彩館

    • 2015.12.17 Thursday
    • 21:04
     先日、仕事休みの日、久々に流れ橋へ行ってきた。自分のブログ記事を調べてみると、前回行ったのは、2014年4月24日。この時は、2013年9月の台風で流されたの橋が復旧したのを知らせる新聞記事を見て、翌日に行ってきた。結局、その後の暴風雨でまた流されてしまったのだが……。

     今回、久々に行くきっかけとなったのが、12月8日の京都新聞・地方版のこの記事。「上津屋地区(八幡市)流れ橋復旧 待ち遠し」

    流れ橋記事

     未だ復旧工事途中の流れ橋だが、八幡市側にある市民交流施設「四季彩館」に、流れ橋のコーナーが出来たと言う内容だ。同館は、2002年に八幡市が第3セクターとして開設。その後、何度か開催された「やわた流れ橋時代劇まつり」(2005年には、私も三味線屋勇次の扮装で参加しました)の開催場所にもなったが、2014年にJAやましろに運営母体が変わったそうである。

     ……前口上はさておき!(by 中村主水 in「仕事人大集合」)思い立ったが吉日で、ちょうど新聞記事の明後日―12月10日が仕事休みだった事もあり、少々天気が悪かったが、バイクを飛ばして行ってきた。本来なら10分もあれは行けるのだが、如何せん四季彩館が、対岸の八幡市側にあるので、城陽市側からは流れ橋を渡って行けない(当たり前だ!(爆))。なので、ずっと遠方の国道から大回りし、30分以上かけて、やっとたどり着いた!

    八幡市地図

     先ずは、過去の流れ橋流出時の、貴重な記録写真の数々を。ここ数年、復旧しては流れ、復旧しては流れ……の繰り返しになっているが、今年の工事では、以前より流れにくくする為に、橋桁の高さを変える(?)など、大規模な改修工事が行われているそうだ(以下、後述)。

    流失写真1

    流失写真2

     ちなみに、以前流出した直後の流れ橋を撮影に行っているので(2009年11月)、その時の様子は、こちら

     また、復旧した流れ橋の開通セレモニー(2010年6月)にも行ってます。その時のレポートはこちら

     話は戻り……流れ橋の展示ロビーには、流れ橋の全景を描いた絵画、流れ橋の一部を10分の1サイズで復元した模型(模型の説明文もありました)があった。

    流れ橋絵画

    流れ橋模型

    模型の構造1

    模型の構造2

     この二つがどうやら展示のメインのようだ。この模型を見て思い出したのが、「必殺仕事人III」第33話・囮になったのはおりく……で、標的の外道仕事人一味を落下させる罠を、橋の模型を作って考案していたのを思い出した(以下の画像は、自作動画用に文字を加えてます)

    西順之助

     それに、私のHPからもリンクを張っている、時代劇のロケ地を詳細に研究したサイト―「時代劇の風景」より、管理人さんのご許可を得て、流れ橋で行われた時代劇のロケ撮影の膨大なデータを、一覧表にして壁に貼ってあった。

    流れ橋ロケ撮影

     私も、TV東京系の10時間時代劇「天下騒乱」(平成18年1月放映)の流れ橋ロケに偶然遭遇した事があるが、残念ながらカメラを持っていなかったので、間近で見る事が出来た、主役の村上弘明(荒木又右エ門)と中村獅堂(柳生十兵衛)は写真に撮れなかった……当時は、撮影もできる携帯(=スマホ)なんてなかったんや!(爆)

     またもや脱線したが(笑)、流れ橋の展示ロビーでは、その他「時代劇撮影のメイキング写真(志穂美悦子らしい)、藤田まことさんが出したシングルレコード「木津の流れ橋」のジャケットと歌詞、流れ橋での歌のお披露目シーン(画像は、同館のHPに掲載されていたもの)、藤田さん寄進の「流れ橋の石碑」について開かれた新聞記事、等々が壁一面に貼ってあった。

    木津ん流れ橋1

    木津の流れ橋2

     その上方には、先に触れた「やわた流れ橋時代劇まつり」の3回分の扮装参加者記念写真。私が参加した時のが、真ん中のこれ。

    時代劇まつり

     さて、十分に見て回った後、同館の事務所の方に「新聞で見ましたので見学させて貰いました」と一言声をかけ、新聞記事にも載っていた「JA京都やましろ・農産物直販売所八幡店」(四季彩館に隣接)で新鮮な野菜を少し買った後、パラパラと降って来た小雨に嘆きながらも、今日の目的地―流れ橋へ!その途中、石田神社から流れ橋の方向へ伸びている。石畳の参道の紅葉が非常に綺麗だったので、思わずパチリ!

    石田神社

     当日の目的地たる流れ橋は、工事中で安全を図る為か、工事関係者の方が通行規制をしていて近寄れなかったので、土手道(サイクリングロードでもある)から全景を撮影した。よく見ると、先に触れたように大改修工事を行っていて、橋板は全て取っ払われ、丸坊主(笑)になった橋桁(おそらく、これも高さ調整の為)だけが整然と並んでいる、ある種シュールな光景に見えた。

    流れ橋全景

     これで、2014年4月24以来、久々に行ってきた「流れ橋」と「四季彩館」の探訪記事でした。

    スポンサーサイト

    • 2017.04.05 Wednesday
    • 21:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      にほんブログ村/blogram【ブログランキング参加中】

      ブログランキング・にほんブログ村へ

      blogram投票ボタン

      ブログ訪問者【本日/累計】

      時の道標

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
        都の商売人 (08/20)
      • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
        rogosu (07/20)
      • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
        都の商売人 (02/04)
      • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
        リッチミー (02/04)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
        都の商売人 (11/21)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
        都の商売人 (11/21)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
        リッチミー (11/20)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
        リッチミー (11/19)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」《1》
        リッチミー (11/19)
      • 映画「るろうに剣心」《伝説の最期編》、感想
        都の商売人 (09/29)

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM