スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】

    • 2015.11.19 Thursday
    • 00:40
      (前回からの続き)さて、前回のアップから、随分間が開いてしまいましたが(笑)……いよいよ「必殺仕掛人」《第1話》仕掛て仕損じなし…の上映!どちらかと言えば必殺歴が長い(笑)私も、さすがに「仕掛人」をリアルタイムでは見ていない。最初に見たのは再放送かだった?全話視聴したのは、テレビ大阪の時代劇アワーか、LD−BOXだったと思う(もうLDは手元には残っていない)。

     でも、TVの小さな画面で見るのと、劇場のスクリーンの大画面で見るのとでは、雰囲気が全く違う!特に、仕掛人は(後期仕事人と違って)ダレ場やギャグシーンがないので、緊張感を維持したまま飛ばす、飛ばす!最初っから最後まで見せ場の連続だ。同話は大筋は覚えていても。細かい部分はすっかり忘れていたので(笑)、再視聴してみて思い出した事、新たに気づかされた事も多々あった。ストーリーを事細かく追って行っても仕方ないので、ここではそれらを幾つかピックアップして行こう(参考用に、押し入れに仕舞ってあった「仕掛人」第1話のビデオテープを使ってます)。


    冒頭、依頼人の伊勢屋、浜田寅彦さんだ。前期必殺シリーズでは、悪役として目立っている浜田さん。普通の依頼人の筈がない…と思いきや(以下、ラストへ/1)。ちなみに、映画の田宮版「必殺仕掛人」では、原作の「彦次郎」が転じた「徳次郎」役として登場した(しかも途中で死亡!)。それにしても、ファーストカットが「真上から二人を捉えた構図」と言うのが凄い!

    左内「銭金ではない。これが俺の病でな」梅安「あばよ、サンピン!」(今回の名台詞:1)左内が笹を口から外しているのに、鳴り続ける笹笛……BGMだったのか?(笑)。それにしても、人斬りが病の浪人者って、後期必殺だと、まず間違いなく「殺しの標的」だな!

    ◎ド迫力のタイトル&サブタイに続いて、隠れて煙草を吸っていた下駄屋の金蔵のキセルを、怒った梅安がへし折る下り。原作第1話「おんなごろし」の冒頭で登場する、このシーン。梅安の「表稼業」の厳しさを示すと同時に、裏稼業の「怖さ」も垣間見せる辺り、梅安のキャラクター描写としては非常に印象的なせいか、緒形TV版のみならず、池波正太郎氏演出の「舞台版」でも使われている。 
     この金蔵役が、梅津栄氏だった事を、今回初めて気づいた!(笑)あの一本反っ歯は、おそらく付け歯だろう。

    ◎梅安と千蔵が鍋をつつくシーン。梅安「仕掛人稼業で稼ぐから、こうやって凝った身なりして、何不自由なく美味えものも食えるんだ!だから銭金に関わず、貧乏人の病も直す気になるんだ」(今回の名台詞:2)……実は、視聴者に向かって言ってるのか?(笑)

    ◎長屋の地上げ騒動に、我関せずを決め込む左内。一方、ヤクザの脅しに、最初は大人しかったおくらが一変して。「卵飲んだ青大将みたいなけったいな面しやがって、、何さらしとんのや、アホンダラ〜〜!」(今回の名台詞:3)……中村玉緒さんの威勢の良さが発揮されてるなあ!仕置屋のおこうみたいだ!
     この後、半右衛門が借金のカタを買って出るが……(以下、ラストへ/2)。

    ◎船上、笑顔で釣りに興じていた半右衛門が、左内に向かって「(厳しい表情に一変)先日は邪魔が入ってしくじったが、あなたは三度も人を斬っておいでだ!」(今回の名台詞:4)その瞬間に入る「左内のテーマ」に痺れる!

    ◎音羽屋の隠し座敷での左内VS梅安!初期必殺シリーズでは恒例……第1話で、主人公と後に「仲間」となる人物との対決シーンだ!梅安「なぜ止めなすった?」左内「お主が針を止めたからだ」く〜〜っ!いちいち痺れる台詞を口にする二人だなあ!

    ◎辰巳屋の材木置き場。クライマックスの長屋での一騒動の時もそうだが、悪党連中が動き回る場面は、「静」の仕掛人サイドと対照的に「動」のイメージ!さすが、手持ちキャメラが縦横無尽に動き回る深作演出ならではか?
     この時、侍の誇りを気付着けられた浪人者が作事奉行に斬りかかって返り討ちにされるが、クライマックスで左内が奉行を斬るシーンで、奉行が浪人者を斬った「斬り方」(刀を弾き飛ばす→袈裟斬り→胴薙ぎ)と全く同じだったと気付いた。

    ◎標的の辰巳屋に接近するのに、妾のおぎんに接近するところから始める「スパイ大作戦」的展開!あっさりと標的を始末してしまう事が多い仕事人とは、えらい違いである(笑)。

    ◎天井裏から針を投げて、犬の失神のツボ(何て小さな「的」だ!)に命中させる梅安が凄い!愛犬の名前「カク」の由来は、当時の首相・田中角栄らしい。
     そして千蔵の工作でやって来た辰巳屋を待ち構えていた梅安が、(栓が抜けて空になっていた)湯船から現れる場面!殺しのテーマは、後に恒例となる「必殺!」ではなくって、OP曲「仕掛て仕損じなし」!

    ◎標的に「貴様、何者だ!?」と問われて、律儀に「仕掛人、西村左内」と返すシーン。ここは「必殺シリーズ」と言うよりも、従来の時代劇物の雰囲気だなあ!(だからこそ、逆に格好良い!)今日見たツイートまとめの「見得を切るスーパーヒーロー」の雰囲気だ!そして、殺しの瞬間はBGMなし!

    ◎ラスト。外道ではないが、決して善人でもない依頼人のしたたかさに、一言釘を刺す半右衛門。そして、傘を差した半右衛門が大岩の親分を刺殺するシーン。傘と傘が交差し、親分の驚愕の顔、そして伊勢屋が待つ座敷まで来てから絶命する演出(この時初めて、背中にブッスリ刀が刺さっていたのが分かる!)が絶妙だ!


     幾つかピックアップ……と言いながら、結局ビデオに見入ってしまって、延々語ってしまった!(笑)ここで時計の針を「11月4日」まで再び戻すと、大満足だった本編終了後、スクリーンに映し出されたのは、何と第2話「暗闘仕掛人殺し」の予告編!
     去年の同イベントで上映された映画「必殺4」は、フィルムの劣化が激しく、傷や汚れ・音飛びが見られたが、今回の仕掛人(&新仕置人も)は映像が非常に綺麗だった!もしかして。これはDVDのデジタル上映だったのだろうか……?

     さて、仕掛人の第1話上映が終了し、ここでいったん会場を退出。先に触れたように、待合に展示されてあったイベントでの上映映画のパネルは撮影禁止。私は東映チャンネルのチラシ等を貰いに行き、その後リッチ・ミーさんや猫次郎さんと歓談。入場時間の4時15分には、私はまたしても「一番」で入場!(笑)

    【更に続く!】

    スポンサーサイト

    • 2017.08.24 Thursday
    • 00:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      確かに左内は、2話以降は遊び人の梅安と比較して人格者のように描かれてますが、元はと言えば人斬りが病でしたね(笑)。これは生かしておいては世のため人のためになりませんねw!
      • リッチミー
      • 2015/11/19 1:21 AM
      どもども、リッチ・ミーさん。コメント、ありがとうございます!

      元々西村左内は、竹脇無我が第1候補だったので、人格者としてのキャラクターは頷けますね。そう思うと、冒頭の「人斬りが病」と言う設定は、イマイチ良く分かりません(笑)。

      原作の西村左内は、どう描かれてたか?また確認してみます。
      • 都の商売人
      • 2015/11/21 12:00 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      にほんブログ村/blogram【ブログランキング参加中】

      ブログランキング・にほんブログ村へ

      blogram投票ボタン

      ブログ訪問者【本日/累計】

      時の道標

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 映画「スパイダーマン ホーム・カミング」感想
        リッチミー (08/21)
      • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
        都の商売人 (08/20)
      • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
        rogosu (07/20)
      • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
        都の商売人 (02/04)
      • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
        リッチミー (02/04)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
        都の商売人 (11/21)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
        都の商売人 (11/21)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
        リッチミー (11/20)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
        リッチミー (11/19)
      • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」《1》
        リッチミー (11/19)

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM