スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    創作「必殺仕置人 エピソード0」

    • 2017.08.12 Saturday
    • 02:19

     南町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)が「謎の失踪」を遂げてから、既に十数年……。縁者より養子の大治郎(正式な名前は「中村主水介大治郎」、通称・中村主水…である)を得て、かろうじて存続した中村家は、今もなお八丁堀組屋敷に住まいしていた。今日は、その年回忌の法事だ。義母のせん(菅井きん)・未亡人のりつ(白木万理)、その妹の妙心尼(三島ゆり子)、久し振りに江戸へ戻って来た義弟の大吉(近藤洋介)、今は与力に昇進した田中様(山内としお)らが法事に臨んでいる。

     

    「何でしょう?あの人たちは……?」

     

     本堂の外へちらちらと視線をやる田中様。寺の片隅には、何人もの謎の男たち(三田村邦彦・三浦友和・大出俊・中条きよし・滝田栄)らがたむろしていたからだ。

     

    「義父(ちち)上は、八丁堀同心として市井に溶け込んでいましたから、多くの方々から慕われていたんでしょう」

     

     主水の死後養子となった大治郎(山口馬来也)の言葉に、眉をひそめて「……そうだったかしら?」と疑念を呈する田中様。……と、そこへ「生前、中村様には大変お世話になりましたので」と申し出た妙齢の女性が、主水の位牌に向かって掌を合わせ、黙祷する。飛脚問屋「嶋屋」を再び立ち上げた女主人・おせい(草笛光子)だ!

     

    (心の中の声)『……主水さん。先に旅立たれた貴方には申し訳ないんですが、今も私は、無様に生き続けています』

     

     線香を上げながら、静かに過去を回想するおせい。それに被って、中村主水が活躍する名場面の数々!そして……。

     


    タイトル「必殺仕置人 エピソード0」

     

    続きを読む >>

    創作「必殺からくり人」 さよならは花火の後でどうぞ

    • 2017.08.04 Friday
    • 12:39

    「必殺からくり人」さよならは花火の後でどうぞ


     千葉・浦安の海岸べりを散策する某知事(?)。沈む夕陽に照らされた砂浜には多くのカップルが点在し、彼方に東京ディズニーランドも見える。

     

    「やあ、皆さん。今は多くの恋人たちで賑わっている、ここ浦安も、かつては普通の漁村でした……」

     

    「わっせ!わっせ!」と言う掛け声と共に、剣道着姿の青年たちが列をなして、走り込んでくる。「おお、頑張っとるなあ!」と声を掛けた某氏に「はいっ!」と笑顔で返す青年たち。その後姿を見送って「青春だなあ!」と呟く。その時、ド〜ン!−と言う大きな音と共に花火が上がる。

     

    「どうやら、東京ディズニーランドから、恒例の花火が打ち上げられたようです」

     

     続け様に打ち上げられ、宵闇の空を彩る巨大な花火!そこから地上へパンするや……美しい花火に歓声を上げてるのは、江戸時代の人々だ。そして、花火を打ち上げているのは、何と仕掛けの天平(森田健作)だ!それを側で見つめていたのは、木更津から出てきた六蔵村長(木村功)と、からくり人の花乃屋仇吉(山田五十鈴)。すぐ側の浜辺では、着物の裾を捲り上げたとんぼ(ジュディ・オング)が、へろ松(間寛平)を相手にはしゃぎまわっている。それをニコニコした顔で見つめている藤兵衛(芦屋雁之助)と時次郎(緒形拳)の姿もある。

     

    「花乃屋さん。今日は、江戸から遠い浦安までわざわざお越し頂き、ありがとうございます」

     

     丁寧に頭を下げて挨拶する木更津の村長・六蔵に向かい、ぶらりと夕涼みに出て来たと言った風情の仇吉が微笑む。

     

    「いいんですよ、六蔵さん!六蔵さんこそ、木更津から浦安まで結構あるじゃありませんか?」
    「ええ、まあ……(にこやかな表情から厳しい顔になり)頼み人の方々の事を考えると、我が儘はは言ってられませんからね!」
    「(同じく笑顔から真剣な表情に変わり、小声で)……それで、殺る相手ですけど、この地の代官の……?」
    「(同じく小声で)ええ……北大路大膳(寺島進)と言う男です。こいつに泣かされた人々は、両手の指で数えたって足りやしません!」

     

     そう言って両の拳を強く握りしめる六蔵。その目にも怒りの炎が浮かんでいる!

     

    「本当なら、あたしの手でカタを付けるところなんですが……如何せん、手持ちの仕事人が何人も返り討ちに合っちまってね。誠に以て、お恥ずかしい話でさあ!」

     

     自らの不甲斐なさに自嘲して言う六蔵が、夜空に目をやる。

     

    「今夜、この花火見物に、あいつらも出てきてます。後は、宜しくお願いします」

     

     頭を下げる六蔵に向かって頷く仇吉。傍らの時次郎・藤兵ヱに声を掛ける。

     

    「じゃ行くよ、みんな……。天平、後は頼んだよ!」

     

     サムズアップで返した天平、更に巨大な花火を打ち上げる!(パンショットして)大きな御座所に陣取り、夜空に輝く、美しい大輪の花火を楽しんでいる標的−大膳一党。

     

    「それから、花乃屋さん。一言お伝えしておきますが……大膳の長男の主膳、こいつは腕は大した事はないんですが、次男で庶子の主水(堺雅人)が相当の手練れですから、くれぐれも気を付けておくなさいまし!」

     

     御座所に陣取った父親の大膳たちから少し離れた場所で、退屈そうにしている次男の北大路主水……彼こそ、後の「中村主水」である。

     

    「ご忠告、ありがとうございます、六蔵さん!」

     

     仇吉の言葉と同時に挿入される「負け犬の唄」。次々に打ち上げられる花火のショットに被って、闇の中を行く仇吉・時次郎・藤兵ヱ!標的である父・大膳の浮かれた姿を憎々しげに見つめる主水!

     

    (挿入ショット) 顔に白布を被せられ、永遠の眠りについた主水の母(大膳の妾だ!)を凝視する主水。

     

    ♪もう〜二度と〜〜笑わ〜ない〜〜眠りの中〜〜。寂しく〜俺は唄う〜〜ブルースを〜〜。

     

     何かを決意した主水、腰の大刀の鯉口を切り、ゆっくりと立ち上がる!交互にアップになる主水とからくり人一党の姿。ここでサブタイトル−「さよならは花火の後でどうぞ」

     

    【ここで終わりです!(笑)】

    「相棒 〜世にも奇妙な特命係〜」

    • 2016.02.24 Wednesday
    • 22:31
     それは、スコットランド・ヤードの旧知の警部から講演を依頼された杉下右京が、旅客機で帰国するところから始まる……。講演は大盛況に終わり、気分も上々な杉下は、穏やかな天候も相まって、偶然乗り合わせた隣席の乗客との話も弾む程だった。

     だが、好事魔多し……。杉下が乗っている全日空206便が、バミューダトライアングルの上空に差しかかるや、突然の乱気流が襲ったのだ!異様に渦巻く霧の中で、カクテルシェイカーのように揺さぶられた杉下の意識は、何時しか途絶え……目覚めた時は、いつもの特命係のデスクに座っていた。

    世にも奇妙な相棒
     
    続きを読む >>

    【創作】「必殺仕事人III」妖怪カネゴンになったのは加代

    • 2015.07.30 Thursday
    • 17:11
     今日も、何でも屋の加代は朝から晩まで走り回り、「あ〜〜忙しい!忙しい!」と《お金儲け》に余念がない!たまたま街中で出会った順之助にも、「ねえ、坊やぁ。今度お上が霞ヶ丘に、バカでっかい屋根付きの運動場を造るって聞いたんだけどさあ……。何かお金儲けのネタにでもならないかしら?」と声をかけては、「あのねえ、おばさん!そんなにお金、お金ってばかり言ってると、今人気の妖怪絵師・水森岩燕が描いてるお金の妖怪−金業(かねごう)みたいになっちゃいますよ!」と言い返されてしまう始末だ!

     そんな折、何とかコネを辿って、新・大江戸運動場−「間八堂」の下働きの仕事に潜り込んだ加代は、地鎮祭の前夜に掃除をしているや、式場の片隅の砂の中から「赤色と青色に染まった繭」を見つけたのだ。誰も見ていないかどうか、素早く左右に目を配るや、にんまりと笑って懐に仕舞い込む。

    加代「こりゃ、ちょっとした縁起物だねえ……。これから、どんどん良い事があって、お金が入って来ますように!」

     地鎮祭の祠に向かってパンパンと拍手を打った加代は、そのまま家へ帰った。その夜、キンキラキンのお屋敷で、小判に埋もれる夢を見る加代!だが、その翌朝、順之助が訪れるや……。

    続きを読む >>

    パロディー「獄門島だョ!全員集合!」

    • 2015.04.16 Thursday
    • 00:41

    《はじめに》
     このパロディーは「横溝正史&金田一耕助シリーズDVDコレクション」第5巻/獄門島(上)を購入し、冊誌を読んでいる内に、製作局が「毎日放送」である事……放映日が「全員集合」放送中の土曜日である事……そして、「全員集合」で、志村けんが度々「金田一コント」をやっていた事を思い出したのがきっかけで、「もし『全員集合』で、横溝正史シリーズ・獄門島…の番宣コントをやっていたら?」と妄想した《結果》が、これ(↓)です(笑)。あくまで「パロディー」「嘘番組」(爆)ですので、くれぐれも「本気」にしないように!



    「獄門島だョ!全員集合!」

     1977年7月30日、土曜日・午後8時。TBSテレビにチャンネルを回すと、いつもの「あの」テーマが流れない……。その代わりに、真っ暗なステージにスポットライトが当たる。照らし出されたのは、病に伏した鬼頭嘉右衛門(いかりや長介)を囲む三人―了念和尚(加藤茶)、医師の村瀬幸庵(高木ブー)、村長の荒木真喜平(仲本工事)だ。三人に"何か"を伝えようとする嘉右衛門だが、モゴモゴ言うばかりで、声がさっぱり聞こえない!
     何度も何度も「えっ?」と聞き直す和尚たちに、遂にブチ切れた「瀕死」の筈の嘉右衛門が、突然ガバッと立ち上がり……「獄門島だョ!全員集合!!」(♪ちゃんちゃかちゃんちゃん、ちゃんちゃんちゃ〜〜ん!)

    全員「♪はぁ〜〜ドリフ見たさに(あぁ、どうした?どうした?)
      チャン〜ネ〜ル、こりゃ、回したら〜〜(はぁ、それからどうした〜?)
      今日はな〜〜あ、今日は違った、こ〜りゃ!
      それさな〜〜あ、横溝ミステリ〜〜!

      えんや〜〜こ〜らやっと、どっこいじゃんじゃん、こ〜らやっと!
      ……よろしく〜〜!!」
    (全員、客席に向かってお辞儀)

    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    にほんブログ村/blogram【ブログランキング参加中】

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    blogram投票ボタン

    ブログ訪問者【本日/累計】

    時の道標

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「スパイダーマン ホーム・カミング」感想
      リッチミー (08/21)
    • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
      都の商売人 (08/20)
    • 【研究】「市松」と「村上秀夫」と「沖田信介」と 〜四条河原町での露店を考察〜【改稿版】
      rogosu (07/20)
    • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
      都の商売人 (02/04)
    • 「スターウォース/フォースの覚醒」【ネタバレ感想!】
      リッチミー (02/04)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
      都の商売人 (11/21)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
      都の商売人 (11/21)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【3】
      リッチミー (11/20)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」【2】
      リッチミー (11/19)
    • 「京都ヒストリカ国際映画祭 11月4日は必殺デー!」《1》
      リッチミー (11/19)

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM